わくわくヘルシー倶楽部NEWSvol89 keitai

2018/07/31

わくわくヘルシー倶楽部をご愛読の皆様、こんにちは!
毎日暑い日が続きますが、体調はいかがですか?
今月は夏の祝日。海の日と山の日についてご紹介します。

海の日
1996年に国民の祝日として施行された当初は7月20日でした。
2003年に祝日法が改正されたことで、7月の第3月曜日となりました。
2018年は7月16日でしたね。
7月1日から31日までの1ヶ月間は海の月間とされ、
全国各地で行われる海に関する各種様々なイベントの紹介を行っています。

ではどんな由来があるのでしょうか?

「海の日」は、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」
という趣旨で祝日に制定されました。世界の国々の中で、『海の日』を
国民の祝日としている国は日本だけのようです。
海に囲まれ、共に発展してきた日本ならではの祝日ともいえますね。

なお、祝日になる1996年より以前は、7月20日が「海の記念日」
として知られていました。これは、1876年に明治天皇が
東北巡幸をし、7月20日に横浜に無事帰港したことに由来します。

山の日
山の日は最近、制定されたので覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
今まではなかった8月の祝日が初めてでいたのが2016年のことで、8月11日が
山の日となりました。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨で祝日に
制定されました。そして、祝日の新設は1996年の海の日以来だったのです。

山の日の祝日制定に尽力したのは、日本山岳会さんをはじめとする
山の愛好家の5団体と言われています。

海に感謝する日である「海の日」と対になる、
美しい山々を守り豊かな自然に感謝する「山の日」を作って、
山のことを考えたり、山に親しむ機会になって欲しいという思いがあったようです。

今年は山へ行って自然を楽しむのもよさそうですね!

ちなみに、2020年は東京五輪の開閉会式に
合わせて3つの祝日(「海の日」、「山の日」、「体育の日」)が移動されるため、
2020年の「海の日」は、開会式前日の7月23日(木)。
「山の日」は、閉会式の翌日に当たる8月10日(月)に変更されます。

新規会員登録はこちら!

会員登録はこちらから!

お問い合わせ・登録内容変更等

お問い合わせ

イシイのショッピングサイト

イシイのショッピングサイトはこちら!